平成30年度 教育及び校務運営方針

校 訓

強く、正しく、優しく (平成31年度以降「強 正 優」)
教育理念
社会に貢献できる知性と徳性に優れた人間性豊かな人の育成
高大一貫教育を通じて、明朗溌剌たる自主独創の態度の育成
平成31年度以降
創造力と発信力を持って社会に貢献できる人の育成
気高く凛とした人間性豊かな人の育成
互いを認め合い、自ら考え判断し行動できる人の育成
基本方針

本校の教育理念に則り、本校教育目標を次のとおり定める。
品性と思いやりのある人間の育成
規範意識をもった心豊かな人間の育成
社会で活躍できる知性と教養を身に付けた人間の育成
平成31年度以降
常に向上心を持って自ら学び続ける姿勢を育成する
幅広い教養とコミュニケーション力を高める
個人の才能を尊重し、文武両道を目指す
高い規範意識とモラルを身につけた、自律した人を育てる
◎ 生徒が行きたくなる学校、保護者が行かせたくなる学校を目指して改革を進める。

平成30年度の目標

附属高校としての教育基盤を確立し、教育システムの改革を推進する。

【平成30年度 事業計画】

学校改革の推進

2019年度からの男女共学化に向け万全な準備を進めるとともに、2018年2月に公表した「福岡大学附属若葉高等学校教育ビジョン」に基づき、全校一丸となって学校改革を強力に推進し、募集定員の充足を図る。また、2022年度に予定している学校移築に向けた準備を着実に遂行する。

高大一貫教育の一層の充実

本校の発足以来8年間にわたり本校の教育の柱としてきた高大一貫教育プログラムの検証と評価を行う。大学との連携を一層強化することよって、大学教育で必要とされる「基礎学力」や「人間力」を確実に養成するプログラムのさらなる充実を図り、本校の独自性と優位性を強化し対外的訴求力を高める。

グローバル教育の基盤整備

2017年度に策定した「グローバル教育ビジョン」に基づき、修学旅行を海外での研修旅行に切換るとともに、海外の学校との交流協定締結を進めるなど、グローバル教育の充実を図る。

全人教育の基盤整備と実践

全人教育を推進するため、正課教育の充実とともに新たな部活動の検討を含めた正課外活動の拡充と活性化を図り、生徒会活動や各種学校行事への生徒の積極的・主体的参加を推奨する。

授業改善への取組の強化

生徒の主体的・能動的な学習の伸長を図るため、アクティブ・ラーニングの一層の推進を図る。特にICTを活用した授業実践のための環境整備を進め、授業改善のための研修等を強化する。

学校運営強化のための組織の再編と規程等の見直し

学校運営の強化を図るため、学校運営組織及び審議組織を見直す。これによって持続的な学校改革を機動的に遂行する。また、運営の適正化・円滑化を図るため、諸規程等を見直す。

ページの最上部へ