MESSAGE & HISTORY

ご挨拶・沿革

ようこそ、
新しい福大若葉へ

 インターネットや人工知能の普及によって、今、世界は「第4次産業革命」時代を迎えようとしています。私たちの住む日本でも、少子高齢化やグローバル化が急速に進むなど、めまぐるしい変化が起きています。こうした予測のつかない社会で、自分の夢に向かって歩んでいくためには、高い学力だけでなく、さまざまな変化に柔軟に対応できる人間力が必要です。
 福岡大学の附属高校である本校では、高大一貫教育プログラムのもと、大学受験のための学びではなく、大学教育を見据えた独自の高大接続教育に早くから取り組んできました。自らが問題を見つけ、その解決に向けて積極的に挑んでいくアクティブ・ラーニングにも力を入れており、大きな成果をあげています。
 2019年度からは男女共学がスタート。高大一貫教育、グローバル教育、全人教育を柱に新たな科目や取り組みを盛り込んだ3コース制を導入し、学びの環境がますます充実します。
 高校から大学へ、そして社会へ。変化と希望に満ちた時代へ立ち向かう力を、ぜひ福大若葉で身につけてほしいと心から願っています。

校長 今野 孝
(福岡大学教授)
校訓
強 ・ 正 ・ 優
教育理念
  • 創造力と発信力を持って
    社会に貢献できる人の育成
  • 気高く凛とした人間性豊かな人の育成
  • 互いを認め合い、
    自ら考え判断し行動できる人の育成
HISTORY 沿革
1907(明治40年)
私立九州高等女学校創立 創立者 釜瀬新平
1911(明治44年)
第1回卒業式挙行(卒業生50名)
1916(大正 5 年)
慰霊祭始まる
1922(大正11年)
制服が和服(袴)から洋服になる
1926(大正15年)
校歌制定
1927(昭和 2 年)
校訓制定(強く・正しく・優しく)
1945(昭和20年)
空襲により全校舎焼失
1948(昭和23年)
新学制により九州女子高等学校となる
1951(昭和26年)
学校法人 九州学園に改組
1957(昭和32年)
創立50周年を迎える
1965(昭和40年)
本館5階建落成
1980(昭和55年)
学校法人 九州女子高等学校発足 初代理事長 冨好正治就任
1988(昭和63年)
海外修学旅行(アメリカ)開始
1989(平成元年)
中国長春第十一中学(高校)と姉妹校締結
1992(平成 4 年)
5コース制を導入
1995(平成 7 年)
ニュージーランド・エプソン女子高校と姉妹校締結
1996(平成 8 年)
新校舎、図書館、茶室、食堂、庭園等、90周年記念事業完成
1997(平成 9 年)
創立90周年を迎える
2000(平成12年)
第二代理事長 福田 量就任
2007(平成19年)
創立100周年を迎える
2010(平成22年)
学校法人福岡大学と合併・附属高校化 福岡大学附属若葉高等学校発足
2019(平成31年) 
男女共学化、3コース制導入 「福大若葉改革」始まる



創立者
釜瀬 新平